痛みや肩凝りに効く「すこやか整骨院・マッサージ院」




もしも交通事故にあったら・・・悩まず、スタッフに是非ご相談ください。
交通事故自賠責保険を利用しての受診については、以下のステップで行ってください。


交通事故の相手の方の連絡先を必ず確認する。
  (免許証・氏名・住所・пE車のナンバー・保険会社など)

すぐに「警察」に連絡する。
  特に痛みなどなく、軽症のように思っても必ずすぐに「警察」及び加入している「保険会社」に連絡しましょう。状況を説明して、「人身事故」の案件としてとして対応して頂きましょう。
交通事故の場合、最初にどこにも痛みがない場合でも、数日後に突然痛くなることもあります。
くれぐれも、軽く考えずに、事故の処理としてきちんと手続きを踏みましょう。

近くの(またはかかりつけの)病院(整形外科)で受診し、交通事故の状況をきちんと話す。
  交通事故の現場の状況、自分の今の体の症状がなど、きちんと医師にお話します。 
事故の直後では、体に反応がないため、痛みも感じていない場合があります。
ですから、きちんと「交通事故の状況」を話しておくことが大切です。この状況説明がないと、後から患者様ご本人が「ここが痛くなった」と申し出ても、交通事故との因果関係が証明できないと問題になることがあります。こうしたトラブルをを防ぐためにも、最初に受診した医師にきちんとお話することが大切なのです。
その上で、必要な検査や応急処置を受けましょう。

医師の「診断書」を、コピーします。
  警察に提出分とは別に必ず患者様ご本人の控え分として「診断書」のコピーをしましょう。
診断書を警察に提出し、手続き後に「人身事故扱い」となります。

レントゲン撮影や薬の処方など、定期的な診断は整形外科で行います。
  医師の指示により、リハビリを整骨院で行う(併診)患者様もいらっしゃいます。
治療費の負担なくリハビリの施術が受けられます。
最初に撮影したレントゲンで、特に異常が見られなくても、患者様ご本人にとって辛い症状が発生し、その後も続くことがよくあります。
放置せず、リハビリのうけられる機関(整骨院)を受診しましょう。


当院では、症状にあわせて手技療法を中心に、・電気治療等で体の痛みや筋肉の緊張を和らげていきます。 悩まず、スタッフに是非ご相談ください。
  TEL:042−426−8138
  当院への通院ご希望の方は、必ず「保険会社の担当者」にその旨をお伝えください。